一元管理される環境設定オプション

ポリシーは SafeGuard Management Center で一元的に設定されます。フルディスク暗号化を行うには、次のような設定が必要です。

  1. デバイス保護」という種類の新しいポリシーを作成します。「デバイス保護の対象」で、「ローカル記憶デバイス」、「内部記憶装置」または「ブート ボリューム」を選択します。ポリシーの名前を入力し、「OK」をクリックします。
  2. メディアの暗号化モード」で、「ボリュームベース」を選択します。

これで、Mac のフルディスク暗号化用の新しいデバイス保護ポリシーが作成・設定されました。

注: 暗号化するクライアントに、このポリシーを割り当てるようにします。ポリシーは、ドメインやワークグループの最上部に割り当てることができます。IT 管理者がインストールを行う場合、エンドユーザーにエンドポイントコンピュータを渡す前に、ポリシーを割り当てないようにしてください。エンドポイントの暗号化がただちに行われ、エンドユーザーの代わりに IT 管理者が FileVault 2 に登録されてしまう可能性があります。