SafeGuard Enterprise データベースでのユーザー、コンピュータ、グループの検索

ユーザー、コンピュータ、およびグループの検索」ダイアログでオブジェクトを表示するには、対象オブジェクトに対する「読み取り専用」権限または「フルアクセス権」が必要です。
注: オブジェクトを検索する際、セキュリティ担当者は、アクセス権限を付与されているエリア (ドメイン) 内のみで検索を実行できます。ルートで検索を実行できるのは、マスター セキュリティ担当者のみです。

ユーザーとコンピュータ」でオブジェクトを検索する際、数種類のフィルタを使うことができます。たとえば、AD 同期が原因で重複して存在するユーザーやコンピュータは、「重複しているユーザーとコンピュータ」フィルタを使用して表示できます。ここでは、同じドメインにある同じ名前のコンピュータすべて、さらに、同じドメインにある名前、ログオン名 または Windows 2000 以前のログオン名が同じユーザーすべてがフィルタ表示されます。

オブジェクトを検索する方法は次のとおりです。

  1. SafeGuard Management Center のナビゲーション ペインで「ユーザーとコンピュータ」をクリックします。
  2. ユーザーとコンピュータ」ナビゲーション ペインで、該当するコンテナを選択します。
  3. SafeGuard Management Center で、「編集 > 検索」をクリックします。

    ユーザー、コンピュータ、およびグループの検索」ダイアログが表示されます。

  4. 検索」ドロップ ダウン リストから適切なフィルタを選択します。
  5. 場所」フィールドで、選択されたコンテナが表示されます。

    これは、ドロップ ダウン リストで別のオプションを選択することで変更できます。

  6. 特定のオブジェクトを検索する場合は、「検索名」フィールドに該当する検索名を入力します。
  7. 検索が終了するごとに結果をクリアする」チェックボックスで、各検索が終了するごとに結果をクリアするかどうかを指定します。
  8. 今すぐ検索」をクリックします。

結果は、「ユーザー、コンピュータ、およびグループの検索」ダイアログに表示されます。このダイアログで結果の 1つをクリックすると、「ユーザーとコンピュータ」ツリー構造で該当するエントリにマークが付きます。たとえば、重複したオブジェクトを検索した場合など、エントリを容易に削除することができます。