ワークグループの作成

必要な権限を持つセキュリティ担当者は、Windows ワークグループを表すルート ディレクトリの下にコンテナを作成できます。ワークグループには鍵は与えられません。名前を変更することはできません。

  1. SafeGuard Management Center で「ユーザーとコンピュータ」をクリックします。
  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで「ルート [フィルタ アクティブ]」を右クリックし、「新規作成 > 新しいワークグループの作成 (自動登録)」の順に選択します。
  3. 一般情報」で、次の手順を実行します。
    1. ワークグループの「フル ネーム」を入力します。
    2. 必要に応じて、「説明」を追加できます。
    3. オブジェクトの種類は、「接続状態」フィールドに表示されます。この場合は「Workgroup」です。
    4. ポリシーが継承されないようにするには、「ポリシー継承のブロック」を選択します。
    5. OK」をクリックします。

ワークグループが作成されます。デフォルトの「自動登録済み」ディレクトリが、ワークグループ コンテナの下に自動的に作成されます。名前を変更することも、削除することもできません。