スクリプトによる SafeGuard Enterprise データベースの作成

SafeGuard Management Center の構成中に自動的に SafeGuard Enterprise データベースを作成する場合は、ここでの手順は読み飛ばしてください。SafeGuard Management Center の構成中に拡張した SQL のアクセス権を使用したくない場合は、この手順を実行してください。このために、製品パッケージ (Tools フォルダ) に次の 2つのデータベース スクリプトが用意されています。

  • CreateDatabase.sql

  • CreateTables.sql

ここでの説明は SQL 管理者を対象としています。使用するシステムは Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition です。

SQL 管理者としてデータベースを作成する権限が必要です。

  1. スクリプト CreateDatabase.sql および CreateTables.sql を SafeGuard Enterprise の製品パッケージから SQL Server にコピーします。
  2. CreateDatabase.sql」をダブルクリックします。Microsoft SQL Server Management Studio が起動します。
  3. アカウント情報を入力し、SQL Server にログオンします。
  4. スクリプトのはじめの FILENAME (MDF, LDF) の下にある作成先パスが、ローカルのハードドライブに存在することを確認します。必要に応じて訂正します。
  5. ツールバーの「実行」をクリックしてデータベースを生成します。SafeGuard というデータベースが作成されます。次に、製品パッケージのスクリプト CreateTables.sql を使用してテーブルを生成します。
  6. CreateTables.sql をダブルクリックします。Microsoft SQL Server Management Studio で新たなペインが開きます。
  7. スクリプトのはじめに use SafeGuard と入力し、テーブルを作成するデータベース、SafeGuard Enterprise のデータベースを選択します。
  8. ツールバーの「実行」をクリックしてテーブルを生成します。

SafeGuard Enterprise データベースと関連するテーブルが作成されます。