SQL Server へのログオン用 SQL アカウントの作成

SafeGuard Management Center の使用が許可されているユーザーは、Windows 認証を使用して SafeGuard データベースに接続するために、有効な SQL ユーザーアカウントが必要です。

次の各設定手順は SQL 管理者を対象としています。ここでの説明は、Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition がインストールされているすべての Microsoft Windows Server 2008 エディションが対象です。

SQL 管理者としてユーザーアカウントを作成する権限が必要です。

  1. SQL Server Management Studio を開きます。アカウント情報を入力し、SQL Server にログオンします。
  2. オブジェクト エクスプローラ」を開き、「セキュリティ」を右クリックして「新規作成 > ログイン」を選択します。
  3. ログイン - 新規作成」の「全般」ページで、「SQL Server 認証」を選択します。
  4. 全般」ページの「ログイン名」で、次の手順を実行します。
    1. SGN SQLSERVICE など新しいユーザーの名前を入力します。
    2. アカウントのパスワードを入力・確認入力します。
    3. パスワード ポリシーを適用する」の選択を外します。
    4. 既定のデータベース」: SafeGuard Enterprise データベースを生成するためのスクリプトが使用されていなければ、「Master」を選択します。「OK」をクリックします。

    認証方法とアカウント情報をメモします。この情報は SafeGuard Management Center のセキュリティ担当者に通知する必要があります。





  5. SafeGuard Management Center の初期構成中にデータベースを自動作成するには、次の手順でアクセス権を変更する必要があります。「ログイン - 新規作成」の「全般」ページで、「サーバーロール」をクリックし、アクセス権/ロールを適用します。「dbcreator」を選択します。SafeGuard Enterprise をインストールすると、データベース ロールは「dbowner」にリセットできます。



これで、SafeGuard Enterprise セキュリティ担当者の SQL ユーザー アカウントとアクセス権限が設定されます。