ポリシーで使用する禁止パスワード一覧を作成する

パスワード」タイプのポリシーのために禁止パスワード 一覧を作成して、パスワードで使用を禁止する文字列を定義できます。

注: 一覧内で、禁止パスワードは、改行によって区切ります。

SafeGuard Management Center で登録する前に、必要な情報を含むテキスト ファイルを作成しておく必要があります。テキストファイルの最大ファイル サイズは、50KB です。SafeGuard Enterprise は、Unicode UTF-16 でエンコーディングされたテキストのみを使用します。別のエンコーディング形式でテキスト ファイルを作成すると、登録時に自動的に変換されます。

ファイルが変換された場合は、メッセージが表示されます。

テキスト ファイルを登録する方法は次のとおりです。

  1. ポリシーのナビゲーション ペインで、「テキスト」を右クリックし、「新規作成 > テキスト」を選択します。
  2. テキスト項目名」フィールドに表示するテキスト名を入力します。
  3. [...]」をクリックして、作成済みのテキスト ファイルを選択します。ファイルの変換が必要な場合は、メッセージが表示されます。
  4. OK」をクリックします。

ポリシーのナビゲーション ペインの「テキスト」のサブノードに、新しいテキスト項目が表示されます。テキスト項目を選択すると、その内容がペインの右側に表示されます。これで、ポリシーの作成時に、このテキスト項目を選択できます。

その他のテキスト項目も、前述の操作で登録してください。登録したすべてのテキスト項目はサブノードとして表示されます。

注: 既存のテキストに新しいテキストを追加するには、「テキストの変更」ボタンを使用します。このボタンをクリックすると、別のテキスト ファイルを選択するためのダイアログが表示されます。このファイルに含まれるテキストは、既存のテキストの末尾に追加されます。