Windows Server 2012/2012 R2 への IIS 8 のインストールと設定

IIS は、マイクロソフト社の Web サイトから入手可能です。

  1. サーバーマネージャのダッシュボード」で、「管理 > 役割と機能の追加」を選択します。
  2. 役割と機能の追加ウィザード」の「開始する前に」ページで次の項目を確認します。
    • 管理者用アカウントに強力なパスワードが設定されていること。

    • IP アドレスなどのネットワークの設定が構成されていること。

    • Windows Update から最新のセキュリティ更新プログラムがインストールされていること。

  3. 左側の一覧から「サーバーの役割」を選択し、「Web サーバー (IIS)」を選択します。ダイアログが表示されるので「機能の追加」をクリックします。「Web サーバーの役割 (IIS)」が「役割と機能の追加ウィザード」の左側のリストに表示されます。
  4. 左側のペインの「Web サーバーの役割 (IIS)」の下に表示される「役割サービス」を選択します。デフォルトの役割サービスを選択したままにします。
  5. ここで下にスクロールして「アプリケーション開発」ノードを展開し、次の項目を選択します。
    • ASP.NET 4.5
    • ISAPI 拡張
    • ISAPI フィルター

    必要なサブロールは自動で選択されます。

  6. セキュリティ」ノードを展開して次の項目を選択します。
    • 基本認証
    • Windows 認証
  7. 次へ > インストール > 閉じる」をクリックします。

    これで、Windows Server 環境で ASP.NET アプリケーションをホストできるように、デフォルトの構成で IIS がインストールされます。

    http://(括弧なしでマシン名を入力) を使用して、Web サーバーが動作することを確認します。Web ページが正しく表示されない場合は、マイクロソフトのサポート技術情報 (http://support.microsoft.com) を参照してください。