複数のユーザーに対して個人鍵を作成する

個人鍵を作成するには、「鍵の作成」および「鍵を割り当てる」権限が必要です。さらに、対象オブジェクトに対する「フルアクセス権」が必要です。既存のアクティブな個人鍵を置き換えるには、「個人鍵を管理する」権限が必要です。
  1. SafeGuard Management Center で「ユーザーとコンピュータ」をクリックします。
  2. 個人鍵を作成する対象のノードを、ナビゲーション ペインで右クリックします。
    • ドメインノード
    • ルートやドメイン内の「.自動登録済み」ノード
    • 組織単位のノード
  3. ショートカット メニューで「ユーザー用の個人鍵の作成」を選択します。
  4. ユーザー用の個人鍵を作成する」ダイアログで次の操作を実行します。
    1. 個人鍵の説明を入力します。
    2. 個人鍵をユーザーの鍵リングで非表示にする場合は、「鍵の非表示」を選択します。
    3. 既存のアクティブな個人鍵を新しいもので置き換えるには、「既存のアクティブな個人鍵を置き換える」を選択します。
  5. OK」をクリックします。
選択したノード内のユーザーすべてに対して、それぞれ個人鍵が作成されます。「」タブに、作成した鍵がそれぞれ、各ユーザーの「アクティブな個人鍵」として表示されます。すでにアクティブな個人鍵を持っていたユーザーに対して「既存のアクティブな個人鍵を置き換える」を選択した場合、既存の鍵は降格され、新しい鍵が与えられます。降格された個人鍵はそれぞれ、各ユーザーの鍵リングに残ります。個別のアクティブな個人鍵を他のユーザーに割り当てることはできません。