データベースの作成または選択

データベースの設定」ページで、新しいデータベースを作成したり、既存のデータベースを使用したりできます。SQL スクリプトによってデータベースが既に作成されている場合、ウィザードは、既存のデータベースを自動的に選択します。この場合、追加で設定を行う必要はありません。

事前にデータベースが作成されなかった場合は、次の手順を実行します。

  1. タスクの作成」を選択して、新しいデータベースの名前を入力します。これを行うには、適切な SQL アクセス権限が必要です。詳細は、データベースへのアクセス権限を参照してください。SafeGuard Enterprise データベースの名前には、ローカライズ時に発生する問題を避けるため、英語アルファベット文字 (A-Z, a-z)、半角数字 (0-9)、およびアンダスコア (_) のみを使用してください。
  2. 次へ」をクリックします。