マスター セキュリティ担当者証明書の作成

マスターセキュリティ担当者の作成」で、個人用証明書ストアのパスワードを作成します。SafeGuard Enterprise 証明書ストアは、SafeGuard Enterprise 証明書の仮想ストアです。このストアは Microsoft 製品の機能には関係ありません。ここで定義するパスワードは、後で Management Center にログオンするために使用するパスワードです。

  1. マスター セキュリティ担当者 ID」でマスター セキュリティ担当者の名前を確認します。
  2. 証明書ストアのパスワードを 2回入力し、「OK」をクリックします。

MSO 証明書が作成され、ローカルに保存されます (<MSO 名>.cer)。

注: このパスワードはメモに残し安全な場所に保管してください。SafeGuard Management Center へのアクセスに必要です。