鍵復旧ファイルを使用して管理対象外のエンドポイント用のレスポンスを生成する方法

注: SafeGuard Enterprise 暗号化ソフトウェアのインストール中に生成される鍵復旧ファイルは、ヘルプデスク担当者がアクセスできる場所に格納し、担当者がファイル名を知っている必要があります。
  1. SafeGuard Management Center で、メニュー バーから「ツール > 復旧」を選択して復旧ウィザードを開きます。
  2. 復旧の種類」で「Sophos SafeGuard Client (スタンドアロン型)」を選択します。
  3. 鍵復旧ファイル」フィールドの横にある「[...]」ボタンをクリックして、必要な鍵復旧ファイルを参照します。復旧ファイルを識別しやすくするために、ファイルにはコンピュータの名前 (computername.GUID.xml) が付けられます。
  4. ユーザーから伝えられたチャレンジ コードを入力し「次へ」をクリックします。チャレンジ コードが検証されます。

    チャレンジ コードが正しく入力されている場合は、コンピュータが要求する復旧処理と、実行できる復旧処理が表示されます。コードが間違って入力された場合、エラー表示の下に「無効なチャレンジ」と表示されます。

  5. ユーザーが行う処理を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. レスポンス コードが生成されます。このレスポンス コードをユーザーに伝えます。スペル支援を利用できます。レスポンス コードをクリップボードにコピーすることもできます。

ユーザーは、レスポンス コードを入力し、必要な処理を実行して、作業を再開できます。