KeyRecovery ツールでチャレンジを開始する方法

  1. Windows PE ファイル マネージャの下の「Quick Launch」 セクションにある KeyRecovery アイコンをクリックして、鍵復旧ツールを開きます。KeyRecovery ツールには、暗号化されたドライブの鍵 ID が表示されます。

    ツールが起動され、すべてのボリュームと、ボリュームに対応する暗号化情報 (鍵 ID) の一覧が表示されます。





  2. 復号化するボリュームを選択し、「C/R によるインポート」をクリックしてチャレンジ コードを生成します。

    SafeGuard Enterprise データベース内の参照として仮想クライアント ファイルが使用され、チャレンジに記述されます。チャレンジ コードが生成され、表示されます。

  3. 仮想クライアント名とチャレンジ コードを電話やテキスト メッセージなどでヘルプデスク担当者に伝えます。スペル支援を利用できます。