SafeGuard Enterprise Server のインストール

IIS を設定したら SafeGuard Enterprise Server を IIS サーバーにインストールできます。インストールパッケージ SGNServer.msi は製品パッケージにあります。

  1. SafeGuard Enterprise Server をインストールするサーバーで、SGNServer.msi をダブルクリックします。ウィザードの指示に従って必要な手順を実行します。
  2. これ以降のダイアログではすべてデフォルトを指定します。インストールの種類「すべて」を選択すると、タスク スケジューラが自動インストールされます。

以上で、SafeGuard Enterprise Server およびタスク スケジューラがインストールされます。

注: SafeGuard Enterprise Server をインストールすると、パフォーマンスを上げるために、デフォルトで、ログ出力されたイベントが SafeGuard Enterprise のデータベースで連結されなくなります。しかし、ログ出力イベントの整合性を保つには連結が必要です。連結はイベント テーブルのすべてのエントリをつなぎあわせるので、エントリが削除された場合は認識でき、整合性の確認機能でチェックできます。したがって、整合性を保護するためには、手動でログ出力イベントの連結を設定する必要があります。詳細は、レポートを参照してください。

インストールが正常に完了したことを確認するには、「インターネット インフォメーション サービス マネージャ」を開いて (inetmgr を実行)、「SGNSRV」という Web ページが利用できることを確認します。