SSL 転送データの暗号化を実行するための SGNSRV Web ページの設定

有効な証明書を作成したら、次の手順に従って、証明書を使用して接続を暗号化する SGNSRV Web ページを設定します。
注: 次の説明は Microsoft Windows Server 2012 が対象です。
  1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ」を開きます。
  2. ナビゲーションペインで、SGNSRV Web ページをホストするサーバーを選択します。
  3. 右側のペインで、「IIS」セクションから「サーバー証明書」を選択します。
  4. 右側の「操作」メニューで、「インポート」を選択します。「証明書のインポート」ウィザードが開きます。
  5. 表示されるダイアログで、ファイル拡張子を「*.*」に変更し、.p12 ファイルと .cer ファイルの保存先を参照します。
  6. 先ほど作成した .p12 ファイルを選択します。ファイル拡張子の表示が無効化されている場合は、「Personal information Exchange」という説明のファイルを選択します。
  7. パスワードを入力し、「OK」をクリックします。
    証明書がインストールされます。
  8. 「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ」の左側のペインの「接続」で、証明書のインストール先サーバーの名前を選択します。
  9. サイト」で、SSL で暗号化するサイトを選択します。
  10. 右側の「操作」メニューで、「バインド」を選択します。
  11. サイト バインド」ダイアログで、「サイト バインドの追加」をクリックします。
  12. 種類:」で「https」を選択し、「SSL 証明書:」で、インストール済みの証明書を選択します。
  13. OK」をクリックして「サイト バインド」ダイアログボックスを閉じます。
  14. ナビゲーションペインでサーバーを選択し、「操作」ペインで「再起動」をクリックします。