新しいタスクの作成

タスク スケジューラ」でタスクを作成するには、セキュリティ担当者の権限「タスク スケジューラを使用する」および「タスクの管理」が必要です。

  1. SafeGuard Management Center のメニュー バーで、「ツール > タスク スケジューラ」を選択します。

    タスク スケジューラ」ダイアログが表示されます。

  2. 作成...」ボタンをクリックします。

    新規タスク」ダイアログが表示されます。

  3. 名前」フィールドに、一意のタスク名を入力します。

    タスク名が一意でない場合、タスクを保存するため「OK」をクリックすると、警告が表示されます。

  4. SGN サーバー」フィールドのドロップ ダウン リストで、タスクを実行するサーバーを選択します。

    ドロップ ダウン リストには、スクリプトの使用が許可されているサーバーのみが表示されます。サーバーでのスクリプトの使用は、SafeGuard Management Center の「構成パッケージ ツール」でサーバーを登録する際に許可します。

    なし」を選択すると、タスクは実行されません。

  5. スクリプト」フィールドの横にある「インポート...」ボタンをクリックします。

    インポートするスクリプト ファイルの選択」ダイアログが表示されます。

    注: SafeGuard Management Center インストール先の Script Templates サブフォルダに、事前に定義されたスクリプトが 2つあります。「インポートするスクリプト ファイルの選択」ダイアログで、このディレクトリが自動的に表示されます。詳細は、定期的に実行するタスク用の事前に定義されたスクリプトを参照してください。
    タスク スケジューラ」では、スクリプトをインポート、エクスポート、編集できます。詳細は、タスク スケジューラでスクリプトを使用する方法を参照してください。
  6. タスクとともに使用するスクリプトを選択し、「OK」をクリックします。

    スクリプトを選択しないと、ダイアログで「OK」ボタンが有効にならず、警告アイコンが表示されます。

  7. 開始日時」フィールドで、選択したサーバーでタスクを実行する日時を指定します。

    表示される日時は、SafeGuard Management Center を稼動しているコンピュータのローカル タイムに基づいて表示されます。開始日時は、システム内部では、協定世界時 (UTC) を使用して保存されます。これによって、サーバーが異なるタイム ゾーンにあってもタスクを同時に実行することができます。すべてのサーバーは、データベース サーバーの現在の時刻を基にして、タスクの開始時刻を判断します。タスクを正確に監視できるよう、データベースの参照時刻は、「タスク スケジューラ」ダイアログに表示されます。

  8. 参照」で、選択したサーバーでタスクを実行する頻度を指定します。
    • タスクを一度実行するには、「一度のみ」を選択し、「日付指定」で日時を指定します。

    • タスクを毎日実行するには、「毎日」を選択し、続いて「毎日 (土日を含む)」または「平日 (月~金)」を選択します。

    • タスクを毎週実行するには、「毎週」を選択し、曜日を指定します。

    • タスクを毎月実行するには、「毎月」を選択し、実行する日付を 1~31の範囲で指定します。タスクを月末に実行するには、ドロップ ダウン リストで「末日」を選択します。

    必須のフィールドの入力が完了すると、「OK」ボタンを有効になります。

  9. OK」をクリックします。
タスクはデータベースに保存され、「タスク スケジューラ」の概要に表示されます。タスクは、選択したサーバーでスケジュール設定に従って実行されます。