スクリプトのエクスポート

  1. SafeGuard Management Center のメニュー バーで、「ツール > タスク スケジューラ」を選択します。

    タスク スケジューラ」ダイアログで、スケジュール タスクの概要が表示されます。

  2. タスクを選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。

    <タスク名> プロパティ」ダイアログで、タスクのプロパティが表示されます。

  3. スクリプト」フィールドの横にある「エクスポート...」ボタンをクリックします。

    名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。

  4. スクリプトのファイル保存場所を選択し、「保存」をクリックします。

    スクリプトは、指定したファイル保存場所に保存されます。