ユーザーにトークンまたはスマートカードを発行する方法

前提条件:
  • トークンが初期化され、該当する PKCS#11 モジュールが有効になっている必要があります。
  • SafeGuard Management Center を実行するコンピュータに、SafeGuard Enterprise Client 構成パッケージもインストールされている必要があります。
  • 対象ユーザーに対する「フルアクセス権」が必要です。
  1. SafeGuard Management Center で「ユーザーとコンピュータ」をクリックします。
  2. トークンを USB インターフェースに挿入します。SafeGuard Enterprise がトークンを読み取ります。
  3. トークンを発行するユーザーを選択し、右側の作業ペインで「トークン データ」ダイアログ ボックスを開きます。
  4. トークン データ」ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. 対象のユーザーのユーザー IDドメインを選択し、Windows パスワードを入力します。
    2. トークンの発行」をクリックします。

    トークンの発行」ダイアログが表示されます。

  5. 使用できるスロット」ドロップ ダウン リストから、トークン用の適切なスロットを選択します。
  6. 新しい「ユーザー PIN」を発行し、もう一度入力します。
  7. セキュリティ担当者 PIN」で、メーカーから与えられた標準 PUK か、トークンを初期化したときに発行された PIN を入力します。
    注:ユーザー PIN (必須)」フィールドだけに入力した場合、ユーザー PIN は、トークンを初期化したときに発行された PIN と一致している必要があります。この場合、ユーザー PIN を繰り返し入力したり、セキュリティ担当者 PIN を入力したりする必要はありません。
  8. 今すぐトークンを発行する」をクリックします。

トークンが発行され、ログオン情報がトークンに書き込まれ、トークン情報が SafeGuard Enterprise データベースに保存されます。「トークン情報」タブの「トークン」ペインにデータを表示できます。