トークンの使用の設定

以下のユーザーに、トークンを使用した認証を提供するには、ここで説明する手順を実行してください。
  • 管理対象エンドポイントのユーザー
  • SafeGuard Management Center のセキュリティ担当者
  1. 空のトークンを初期化します。
    詳細は、トークンの初期化を参照してください。
  2. ミドルウェアをインストールします。
    詳細は、ミドルウェアをインストールするを参照してください。
  3. ミドルウェアをアクティブにします。
    詳細は、ミドルウェアのアクティベートを参照してください。
  4. ユーザーまたはセキュリティ担当者向けにトークンを発行します。
    詳細は、トークンの発行を参照してください。
  5. ログオン モードを設定します。
    詳細は、ログオンモードの設定を参照してください。
  6. PIN の構文ルールなど、その他のトークン設定を行います。
    詳細は、PIN の管理およびトークンとスマートカードを管理するを参照してください。
  7. トークン/ユーザーに、証明書を割り当てます。
    詳細は、証明書の割り当てを参照してください。

別のアプリケーションのデータを格納したトークンも、証明書およびログオン情報を格納できる十分な領域があれば認証に使用できます。

トークンの管理を容易にするため、SafeGuard Enterprise には次の機能があります。

  • トークン情報を表示およびフィルタする

  • PIN を初期化、変更、リセット、およびブロックする

  • トークン データを読み取ったり、削除したりする

  • トークンをブロックする

注: トークンを発行・管理したり、発行済みトークンのデータを変更したりするには、対象ユーザーに対する「フルアクセス権」が必要です。「発行されたトークン」ビューには、「読み取り専用」権限や「フルアクセス権」のあるユーザーのトークンのみが表示されます。