ユーザーの認証

セキュリティ担当者は、「.認証されていないユーザー」グループのユーザーを認証する必要があります。認証されていないユーザーに対しては、鍵リングへのアクセスを許可するために、認証操作を実行する必要があります。ユーザーは、鍵リングなしでは暗号化されたデータにアクセスできません。

.認証されていないユーザー」グループにあるユーザーを認証する方法は次のとおりです。

  1. Management Center で、「.認証されていないユーザー」グループを選択します。
    Active Directory で認証されていないユーザーが表示されます。各ユーザーをクリックすると、右側のペインに詳細情報が表示されます。
  2. ユーザーが SafeGuard Enterprise の鍵リングへのアクセスが許可されているかを確認します。
  3. 許可されている場合は、ユーザー名を選択し、右クリックして、ショートカット メニューで「ユーザーの認証」をクリックします。
    グループ内のすべてのユーザーを一度に認証するには、「.認証されていないユーザー」グループを選択して、ショートカット メニューで「すべてのユーザーを認証」をクリックします。

認証されたユーザーは、適切な Active Directory 構造に移動され、鍵リングにアクセスできるようになります。

注: API 呼び出しをスクリプトで実行して、ユーザーを認証することもできます。