Time Machine の使用

注: ここでの説明は、<Removables> に対して暗号化ルールが設定されている場合のみを対象にしています。
Time Machine のバックアップで新しいディスクを使用する場合、ディスクが自動的に指定されない場合は、 「ターミナル」アプリケーションで次のコマンドを使用してください。

sudo tmutil setdestination -a "/Volumes/.sophos_safeguard_{ディスク名}/"

暗号化されたフォルダに対して Time Machine を使用すると旧バージョンは表示されません。ただひ、バックアップは隠しフォルダに保存されます。隠しパスにあるファイルのコンテンツを読むことはできません。バックアップには暗号化されたデータのみが含まれ、ファイルの内容は安全に保護されます。ファイルを復元するには、次の手順を実行します。

  1. Time Machine を開きます (例: Spotlight 検索で「Time Machine」と入力します)。
    ルートフォルダのコンテンツが表示されます。
  2. Shift - Command - G」キー (「フォルダへ移動」オプション) を押して、復元対象の暗号化されているフォルダへの隠しパスを入力します。
    通常使用している暗号化フォルダが /Users/admin/Documents の場合は、/Users/admin/.sophos_safeguard_Documents/ と入力します。
  3. 復元するファイルを参照し、Time Machine メニューバーの矢印アイコンをクリックして、「<ファイル名> を復元...」を選択します。
Time Machine からデスクトップに戻ると、ファイルは復元されているので復号化することができます。
注: SafeGuard File Encryption の新規インストール後に最初に実行される Time Machine のバックアップは、従来より時間がかかり、より多くのディスク容量を必要とします。これは、OS X ではスタック型のファイルシステムは許可されず、暗号化対象のマウントポイントが作成されたすべてのローカルディレクトリ (Documents、Music、Movies など) のコンテンツが、バックアップディスクで複製されることが原因です。しかし、最初のバックアップが隠しフォルダに保存されると、古いバックアップは削除され、ディスク容量は再び解放されます。