暗号化されたファイルのメール送信

暗号化されたファイルを社内のユーザーに送信する際、暗号化や復号化を手動で行う必要はありません。適切な鍵がある受信者は、ファイルの内容を読むことができます。

社外のユーザーにメールを送信する際は、パスワードを使用してファイルを暗号化することを推奨します。詳細は、ファイルのパスワード保護を参照してください。

パスワード保護を使用せずに社外のユーザーにメールを送信する場合は、送信前にファイルを復号化するようにしてください。復号化しないと、受信者は暗号化されたファイルにアクセスできなくなることにご注意ください。