ファイルの手動暗号化/復号化

SafeGuard File Encryption では、個々のファイルを手動で暗号化/復号化できます。ファイルを右クリックして、次のいずれかを実行してください。

  • 暗号化の状態の表示: ファイルが暗号化されているかどうか、および使用された鍵が表示されます。
  • ポリシーに基づいて暗号化: ポリシーで指定されている鍵を使用して、選択したファイルを暗号化または再暗号化できます。
  • 選択したファイルの復号化 (アプリケーションベースのファイル暗号化のみ): ファイルを復号化して、平文で保存できます。ファイルの復号化は、機密データが含まれていない場合のみに実行することを推奨します。
  • 選択したファイルの暗号化 (アプリケーションベースのファイル暗号化のみ): ポリシーで指定されている鍵を使用して、ファイルを手動で暗号化できます。
  • ファイルのパスワード保護: 個々のファイルに手動でパスワードを設定して暗号化できます。これは、社外のユーザーとファイルを安全に共有する際に便利です。詳細は、ファイルのパスワード保護を参照してください。このオプションは、暗号化されていないファイル、またはファイルの送信者の鍵リングにある鍵を使用して暗号化されたファイルに対してのみ実行できます。