「Policies」タブ

このタブは、SafeGuard File Encryption がインストールされている場合のみに表示されます。

Policies」(ポリシー) タブの右下に表示される各アイコンをクリックすると、「Locally Translated Path」(ローカル変換されたパス) ビューや、「Received Policies」(受信したポリシー) ビューに切り替わります。

  • Locally Translated Path」(ローカル変換されたパス) ビューには、この時点で特定の Mac にログインしているユーザーに適用されるポリシーのみが表示されます。表の各列には次の情報が表示されます。
    • @: 初期暗号化や容量の大きなファイルの暗号化を行う際、暗号化処理が終わるまで、一番左側の列に丸い回転マークが表示されます。
    • Locally Translated Path (ローカル変換されたパス): Mac での場所が表示されます。
    • Mode (モード): 暗号化対象の場所、または対象から除外する場所であるかが表示されます。
    • Scope (範囲): サブフォルダの暗号化を実行するかどうかが表示されます。
    • Key Name (鍵名): 対象の場所に割り当てられた鍵の名前が表示されます。

      ユーザーの個人鍵は、青色で表示されます。

      オレンジ色で表示される鍵は、ユーザーに適用されているポリシーで設定されたものです。しかし、鍵リングに割り当てられていないため、ユーザーはこの鍵を所有していません。このため、データにアクセスする際、問題が発生することがあります。この場合は、セキュリティ担当者までお問い合わせください。

  • Received Policies」(受信したポリシー) ビューには、サーバーから受信したポリシーすべてが表示されます。表には次の情報が含まれます。
    • Received Policies (受信したポリシー): 暗号化対象のファイルやフォルダが表示されます。
    • これ以外の列には、前述の「Locally Translated Path」(ローカル変換されたパス) ビューと同じ情報が表示されます。

「Locally Translated Path」ビューでのポリシーの適用

  • 何もポリシーが選択されていない場合は、「Enforce all Policies」(すべてのポリシーの適用) ボタンをクリックして初期暗号化を開始できます。詳細は、ポリシーに基づいたファイルの暗号化を参照してください。
  • ポリシーを選択する際、「Enforce Policy」(ポリシーを適用) ボタンをクリックして、選択したポリシーのみを適用することができます。
  • ポリシーを選択する際、「Show in Finder」(Finder で表示) ボタンをクリックして、選択した暗号化対象フォルダを Finder で開くことができます。

ポリシーの適用によるファイルへの変更

  • 平文のファイルは、ポリシーで適用された鍵で暗号化されます。
  • ポリシーで指定された鍵で暗号化済みのファイルは、暗号化された状態が維持されます。
  • 別の鍵で暗号化済みのファイルは、次のいずれかの方法で処理されます。
    • 対応する鍵がユーザーの鍵リングにない場合は変更されません。または
    • ユーザーの鍵リングにポリシーで割り当てられた暗号化鍵がある場合は、その鍵で再暗号化されます。
  • 暗号化対象から除外されているフォルダにあるファイルは復号化されます。
  • 権限がないためアクセスできないファイル (読み取り専用ファイル) は変更されません。