ビジネス向け Google Play のレイアウト

ユーザーのデバイスのビジネス向け Google Play ストア アプリにおける、各アプリの表示場所を指定できます。

設定可能なレイアウト項目は、「ページ」と「カテゴリ」です。

  • ページ: 上下にスクロール可能な、名前の付いたビューです。ページとその名前は、Sophos Mobile で事前に定義されています。
  • カテゴリ: ページ内で左右にスクロール可能な、名前の付いたサブセクションで、管理者によって定義されます。カテゴリは、Google ドキュメントで「クラスタ」とも呼ばれます。
  • 各カテゴリはページごとに特有のもので、各アプリは特定のカテゴリ内に表示されます。
  • アプリを含まないページは表示されません。
  • 1ページに最大 30種類のカテゴリを指定でき、また、1カテゴリに最大 100種類のアプリを指定できます。

各アプリに対して、ユーザーのデバイスのビジネス向け Google Play ストア アプリでアプリを表示するページを定義し、任意でカテゴリも定義します。デフォルトで、アプリは「その他」というページに表示されます。

ストアのレイアウトは、「Android 仕事用アプリの編集」ページで設定します。詳細は、仕事用アプリの編集を参照してください。