プロファイルとポリシーのプレースホルダ

プロファイルやポリシーでは、プレースホルダを使用することができます。プレースホルダは、タスクが実行される際に実際のデータで置き換えられます。使用できるプレースホルダは次のとおりです。

  • ユーザーのデータのプレースホルダ:
    • %_EMAILADDRESS_%
    • %_USERNAME_%
  • デバイスのプロパティのプレースホルダ:
    • %_DEVPROP(プロパティ名)_%

      プロパティ名 には、通常のデバイスのプロパティ、またはカスタムプロパティの名前を指定できます。詳細は、デバイスのカスタムプロパティの定義を参照してください。

  • カスタマープロパティのプレースホルダ:
macOS の場合、ユーザーのデータは次のように置き換えられます。
  • Mac のローカルユーザーの場合、デバイスに割り当てられている Sophos Mobile ユーザーのデータが使用されます。
  • ネットワークユーザーの場合、LDAP のユーザーアカウントのデータが使用されます。