Sophos コンテナアプリの管理

注: この機能を使用するには、Mobile Advanced という種類のライセンスが必要です。
異なるデータを管理下のデバイスでより確実に保護するため、Sophos Mobile には、Sophos Secure Email および Sophos Secure Workspace の 2種類の Sophos コンテナアプリがあります。
  • Sophos Secure Email は、Android および iOS 搭載デバイス用のアプリで、メール、予定表の項目、連絡先などを管理するためのセキュアなコンテナを提供します。
  • Sophos Secure Workspace は、クラウド上に保存された暗号化ファイルを Android および iOS デバイスで開くためのアプリです。ファイルはシームレスに復号化され、表示されます。暗号化ファイルは、他のアプリから受け取り、対応するクラウド ストレージ サービスにアップロードすることができます。または、ドキュメントをアプリ内からローカルストレージ領域に保存することもできます。

    Sophos Secure Workspace を使用すると、SafeGuard Cloud Storage や SafeGuard Data Exchange で暗号化されたファイルを閲覧できます。どちらも SafeGuard Enterprise やその他の製品エディションのモジュールです。これらのモジュールでは、ローカル鍵を使用してファイルを暗号化できます。ローカル鍵はユーザーが入力するパスフレーズから作成されます。ファイルの暗号化に使用されたパスフレーズがわかっている場合のみ、そのファイルを復号化することができます。

Sophos コンテナには次のような機能があります。

  • 集中設定されるパスワードのルール
  • 全コンテナアプリ用のパスワードルール
  • 全コンテナアプリ用のシングル サインオン
  • Sophos Secure Workspace のドキュメントの設定
  • Sophos Secure Workspace のブラウザの設定
  • Sophos Secure Email の設定

ソフォスのアプリは、次のようにして Sophos Mobile で管理できます。

  • 管理下にあるすべてのデバイス上の Sophos コンテナアプリを、Sophos Mobile から一元的にリモート設定する。詳細は、Android の Sophos コンテナポリシーの設定およびiOS の Sophos コンテナポリシーの設定を参照してください。
  • コンプライアンスポリシーを使用して、確実にデバイスに Sophos コンテナアプリをインストールする。
  • 社内ストレージ」機能を使用して、ドキュメントを安全に配信する。詳細は、社内ストレージを参照してください。
  • Sophos Secure Workspace アプリと Sophos SafeGuard Enterprise 間の社内鍵リングを同期できます。これによって、ユーザーの SafeGuard 鍵リングにある鍵は、Sophos Secure Workspace 鍵リングで使用できるようになります。詳細は、社内鍵リングの同期の有効化を参照してください。
注: Sophos コンテナアプリを管理するには、Sophos Mobile を使ってアプリを配信する必要があります。ユーザーのデバイスに、スタンドアロン型の Sophos Secure Workspace アプリがインストールされている場合は、まずそれをアンインストールしてから、管理型バージョンをインストールする必要があります。

Sophos Secure Workspace の詳細は、「Sophos Secure Workspace ヘルプ」を参照してください。