Apple VPP アプリの管理

Apple Volume Purchase Program (VPP: ボリューム購入プログラム) を使用すると、企業は iOS アプリを一括購入して配布することができます。

Apple VPP でのアプリの購入手続きが完了したら、購入したアプリのライセンスを含む sToken (サービストークン) をダウンロードします。

Apple VPP を登録・使用する方法の詳細は、http://www.apple.com/jp/business/vpp/ を参照してください。

VPP アプリをユーザーやデバイスに割り当てる方法の詳細は、VPP アプリの自動割り当ておよび VPP アプリの手動割り当てを参照してください。

ユーザーへの VPP アプリの割り当て

Sophos Mobile で、sToken に含まれる VPP ライセンスをユーザーに配布するには、認証済み Apple VPP ユーザーになるようユーザーを招待するメールを送信します。招待を承諾したユーザーは、認証済み VPP ユーザーになり、そのようなユーザーに VPP アプリを割り当てることができます。ユーザーは、割り当てられた VPP アプリを、iTunes を使用してデバイスにインストールすることができます。

認証済み VPP ユーザーになるようユーザーを招待する方法は、Sophos Mobile で内部ユーザー管理と外部ユーザー管理のどちらを使用しているかによって異なります。この後のサブセクションで、その両方について説明します。

内部ユーザー管理と外部ユーザー管理については、「Sophos Mobile スーパー管理者向けガイド (英語)」を参照してください。

デバイスへの VPP アプリの割り当て

VPP アプリは、デバイスにも割り当てることができます。この場合、デバイスを VPP に招待する必要はありません。割り当てられた VPP アプリは、Sophos Mobile を使用してデバイスにインストールします。

注:
  • デバイスから VPP アプリがアンインストールされると、Sophos Mobile によって VPP アプリの割り当てが取り消されます。
  • デバイスが Sophos Mobile から登録解除されると、Sophos Mobile によってすべての VPP アプリの割り当てが取り消されます。