アプリのパーミッションの設定 (ビジネス向け Android 仕事用プロファイルポリシー)

アプリのパーミッションの設定では、仕事用アプリが、ランタイムパーミッションを要求した際の対処方法を定義します。

設定/フィールド

説明

ランタイムパーミッションの要求に対するデフォルトのレスポンス

仕事用アプリによる、ランタイムパーミッションの要求に対するデフォルトのレスポンスは次のいずれかです。
  • 通知: パーミッションを許可するよう、ユーザーに通知します。
  • 自動許可: ランタイムパーミッションの要求は自動的に許可されます。
  • 自動拒否: ランタイムパーミッションの要求は自動的に拒否されます。

ユーザーが後でパーミッションを変更することはできません。

各アプリのランタイムパーミッション

個別のアプリに対して、特定のランタイムパーミッションを許可/拒否できます。「追加」をクリックして、各アプリに対してオプションを設定します。

アプリ識別子」フィールドにアプリの内部識別子を入力します。

各ランタイムパーミッションに対して、次のいずれかの状態を選択します。

  • 選択可能: ユーザーは、パーミッションを許可/拒否できます。
  • 許可: パーミッションが許可され、ユーザーが拒否することはできません。
  • 拒否: パーミッションが拒否され、ユーザーが許可することはできません。