アプリのロックの設定 (ビジネス向け Android 仕事用プロファイルポリシー)

アプリのロックの設定では、仕事用アプリ (仕事用プロファイルにインストール済みのアプリ) を保護するためのパスワード要件を定義します。

アプリのロックが有効化されている場合、ユーザーは、保護対象アプリをはじめて起動する際に、パスワードを設定する必要があります。ログインに失敗すると、再度ログインできるまでの待機時間が発生します。

アプリのロックがデバイスで有効化されている場合、「デバイスの表示」ページの「アクション」メニューに、「App Protection パスワードのリセット」コマンドが表示されます。アプリのロックのパスワードは、ユーザーがセルフサービスポータルでリセットすることもできます。

設定/フィールド

説明

パスワードの複雑さ

ユーザーが定義するパスワードの最低限の複雑さ。

猶予期間 (分)

猶予期間が過ぎると、保護対象アプリのロックを解除するには、パスワードの入力が必要になります。

アプリグループ

パスワード保護されているアプリを含むアプリグループを選択します。

アプリグループを作成する方法の詳細は、アプリグループを参照してください。

指紋認証を許可する

ユーザーは、自分の指紋を使用して、アプリのロックを解除できます。