社内ストレージの設定 (Android Sophos コンテナポリシー)

社内ストレージの設定では、Sophos Secure Workspace アプリの社内ストレージ機能のオプションを設定します。

ストレージプロバイダの設定

各ストレージサービスに対して、次の内容を個別に指定できます。

設定/フィールド

説明

有効

ストレージサービスがアプリで利用可能になります。

オフライン

ユーザーは、ファイルをストレージサービスからアプリの「お気に入り」に追加して、オフラインで使用することができます。

暗号化ファイルを開く

ユーザーは、「次の方法で開く」を使用して、暗号化されたファイルを他のアプリと共有できます。

平文ファイルを開く

ユーザーは、「次の方法で開く」を使用して、平文ファイルを他のアプリと共有できます。

クリップボード

ユーザーは、ドキュメントをコピーして、他のアプリにペーストできます。

ビジネス向けストレージサービスの設定

WebDAV」(ビジネス向けストレージサービスとも呼ばれます) の場合、サーバーおよびログイン認証情報を集中設定できます。設定内容をユーザーが変更することはできません。

ここで集中設定しなかったアカウント情報は、ユーザーが、アプリのプロバイダの画面で指定することができます。

たとえば、サーバーとユーザー名のみを集中設定して、パスワードフィールドは空のままにして、ユーザーが定義できるようにすることもできます。この場合、ユーザーはパスワードを知らない限り、ストレージサービスにアクセスできません。

設定/フィールド

説明

名前

Sophos Secure Workspace アプリに表示されるストレージサービスの名前。

サーバー

このフィールドには、次のように入力します。
  • 社内ストレージ の WebDAV サーバーのルートフォルダの URL。
  • WebDAV サーバーのルートフォルダの URL。

次のような形式で指定します。https://server.company.com

https プロトコルのみに対応しています。

ユーザー名

該当するサーバーでのユーザー名。%_USERNAME_% という変数を使用することもできます。

パスワード

該当するアカウントのパスワード。

アップロード先フォルダ

該当するアカウントでアクセスできるアップロード先フォルダ。

その他の設定

設定/フィールド

説明

ドキュメントを有効にする

業務ドキュメントを安全に配信するための「ドキュメント」機能が有効化されます。

パスフレーズの複雑さ

暗号化鍵に対するパスフレーズの最低限の複雑さ。より複雑なパスフレーズは常に許可されます。

選択できるオプションは次のとおりです。

  • 4文字のパスワード
  • 6文字のパスワード
  • 8文字のパスワード
  • 10文字のパスワード

画面キャプチャを拒否する

ユーザーは、Sophos Secure Workspace アプリのスクリーンショットを取得できません。