社内メールの設定 (Android Sophos コンテナポリシー)

社内メールの設定では、Microsoft Exchange サーバーのユーザー設定を指定します。このような設定は、Sophos コンテナにインストール済みの Sophos Secure Email アプリに適用されます。

設定/フィールド

説明

Exchange サーバー

Exchange サーバーのアドレス。
注: SMC EAS プロキシを使用している場合は、SMC プロキシサーバーの URL を入力してください。

ユーザー

このアカウントのユーザー。

%_USERNAME_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のユーザー名に変換されます。

メールアドレス

アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

ドメイン

このアカウントのドメイン。

サポート問い合わせ先メールアドレス

「サポートへのお問い合わせ」先として使用するメールアドレス。

連絡先をデバイスへエクスポートする

ユーザーは、着信通話で企業の連絡先を識別できるよう、電話番号を含む Exchange の連絡先を、ローカルデバイスの連絡先にエクスポートすることができます。

エクスポートした連絡先は、Sophos Secure Email によって同期されます。
注: 次の場合に、ローカルデバイスの連絡先は自動的に削除されます。
  • Sophos コンテナポリシーから「社内メール」の設定が削除された場合 (Secure Email アプリの再起動が必要です)。
  • Sophos コンテナがデバイスから削除された場合。
  • デバイスが Sophos Mobile から登録解除された場合。

通知の詳細

メール通知に表示する情報を選択します。

ここでの設定は、イベントのリマインダーにも適用されます。「通知なし」を選択すると、イベントのリマインダーは使用できなくなります。これ以外のオプションを選択すると、日時、場所、タイトルを含むイベントのリマインダーが送信されます。

クリップボードへのコピーを拒否する

ユーザーは、Sophos Secure Email アプリから、テキストをコピーしたり、カットしたりできません。

画面キャプチャを拒否する

ユーザーは、Sophos Secure Email アプリのスクリーンショットを取得できません。

メールの最大サイズ

指定した値よりサイズの大きいメールメッセージ (添付ファイルも含みます) は、Exchange サーバーから取得できません。

表示/共有を許可する

ユーザーは、メールの添付ファイルの表示や共有を許可されています。

添付ファイルを表示する方法

すべてのアプリ、または Sophos Secure Workspace および Sophos Secure Email の 2種類の Sophos コンテナアプリのみで添付ファイルを表示できるかを選択します。

添付ファイルを共有する方法

すべてのアプリ、または Sophos Secure Workspace および Sophos Secure Email の 2種類の Sophos コンテナアプリのみで添付ファイルを共有できるかを選択します。

詳細設定

詳細設定」をクリックして、今後リリースされるバージョンの Sophos Secure Email アプリで必要となるオプションを設定します。
重要: これは、ソフォステクニカルサポートの指示を受けた場合のみ設定してください。