社内メールの設定 (iOS Sophos コンテナポリシー)

社内メールの設定では、Microsoft Exchange サーバーのユーザー設定を指定します。このような設定は、Sophos コンテナにインストール済みの Sophos Secure Email アプリに適用されます。

設定/フィールド

説明

Exchange サーバー

Exchange サーバーのアドレス。
注: SMC EAS プロキシを使用している場合は、SMC プロキシサーバーの URL を入力してください。

ユーザー

このアカウントのユーザー。

%_USERNAME_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のユーザー名に変換されます。

メールアドレス

アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

ドメイン

このアカウントのドメイン。

サポート問い合わせ先メールアドレス

「サポートへのお問い合わせ」先として使用するメールアドレス。

セキュアなテキスト入力欄を使用する

テキストの入力欄はセキュリティで保護されます。Sophos Secure Email アプリでオートコンプリートやオートコレクト機能は無効化され、デバイスのメモリに機密のデータが保存されることを防ぎます。

連絡先をデバイスへエクスポートする

ユーザーは、着信通話で企業の連絡先を識別できるよう、電話番号を含む Exchange の連絡先を、ローカルデバイスの連絡先にエクスポートすることができます。

エクスポートした連絡先は、Sophos Secure Email によって同期されます。
注: 次の場合に、ローカルデバイスの連絡先は自動的に削除されます。
  • Sophos コンテナポリシーから「社内メール」の設定が削除された場合 (Secure Email アプリの再起動が必要です)。
  • Sophos コンテナがデバイスから削除された場合。
  • デバイスが Sophos Mobile から登録解除された場合。

通話 ID

Sophos Secure Email に保存されている連絡先情報を利用して、仕事の電話の着信時に相手を識別することができます。Sophos Secure Email の連絡先情報をデバイスの連絡先にエクスポートする必要はありません。

この設定を使用するには、ユーザーは、次のデバイス設定を有効にする必要があります。

  • 設定アプリで次の操作を実行します: 電話 > 着信拒否と着信 ID > メール
  • Sophos Secure Email アプリで次の操作を実行します: 設定 > 連絡先 > 着信 ID

通知

新着メールの通知には次の種類があります。
  • システム: iOS で管理される通知です。このタイプの通知には、送信元や件名などの詳細は含まれません。
  • アプリ: Sophos Secure Email アプリで管理される通知です。表示する詳細項目を選択することができます。アプリを実行していない場合、通知は表示されません。
  • なし: 通知は表示されません。
ここでの設定は、イベントのリマインダーにも適用されます。
  • システムなし: イベントのリマインダーには日時のみが含まれます。
  • アプリ: イベントのリマインダーには、日時、場所、件名の情報が含まれます。

クリップボードへのコピーを拒否する

ユーザーは、Sophos Secure Email アプリから、テキストをコピーしたり、カットしたりできません。

添付ファイルを開く方法

すべてのアプリ、または Sophos Secure Workspace および Sophos Secure Email の 2種類の Sophos コンテナアプリのみで添付ファイルを開くことができるかを選択します。

メールの最大サイズ

指定した値よりサイズの大きいメールメッセージ (添付ファイルも含みます) は、Exchange サーバーから取得できません。

詳細設定

詳細設定」をクリックして、今後リリースされるバージョンの Sophos Secure Email アプリで必要となるオプションを設定します。
重要: これは、ソフォステクニカルサポートの指示を受けた場合のみ設定してください。