Exchange アカウントの設定 (iOS デバイスのプロファイル)

Exchange アカウントの設定では、Microsoft Exchange Server のメールサーバーとの接続を設定します。

設定/フィールド

説明

アカウント名

アカウント名。

Exchange サーバー

Exchange サーバーのアドレス。
注: SMC EAS プロキシを使用している場合は、SMC プロキシサーバーの URL を入力してください。

ドメイン

このアカウントのドメイン。

ユーザー

このアカウントのユーザー。

%_USERNAME_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のユーザー名に変換されます。

メールアドレス

アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

パスワード

このアカウントのパスワード。

このフィールドを空白のままにすると、ユーザーは自分のデバイスでパスワードを入力する必要があります。

同期期間

過去のメールを同期する期間。

指定した期間内に受信したメールのみが管理対象デバイスに同期されます。

SSL/TLS

Exchange サーバーとの接続が SSL または TLS (サーバーの対応状況に依存) で保護されます。

このチェックボックスは選択することを推奨します。

移動を許可

ユーザーは、このアカウントから別のアカウントにメールを移動できます。また、このアカウントからメッセージの返信や転送をする際、他のアカウントを使用することもできます。

最近使用したアドレスの同期を許可

最近使用したアドレスを、iCloud を使用する他のデバイスと同期します。

メールのみで使用

このアカウントはメールアプリからメッセージを送信することのみに使用されます。写真アプリや Safari など他のアプリで作成されたメッセージの送信アカウントとして選択することはできません。

固有名証明書

Exchange サーバーに接続するための固有名証明書を選択します。

一覧には、このプロファイルの「クライアント証明書」の設定にある証明書すべてが表示されます。

S/MIME を有効にする

S/MIME 暗号化をサポートします。

署名証明書

暗号化証明書

メールの証明と暗号化にそれぞれ使用される証明書。

証明書を選択するには、まず、このプロファイルの「クライアント証明書」の設定で、証明書をアップロードする必要があります。

暗号化していないメールの送信をユーザーに許可する

ユーザーは、送信メールごとに、暗号化するかどうかを選択できます。