Exchange アカウントの設定 (Windows ポリシー)

Exchange アカウントの設定では、Microsoft Exchange Server のメールサーバーとの接続を設定します。

重要: 複数の構成を使用して Exchange メールアカウントを設定した場合、デバイスで 1つのアカウントのメールしか受信できないことがあります。これは通常、各アカウントが異なる Exchange サーバーにあり、各サーバーで異なるメールボックスポリシーが定義されている場合に発生します。Windows コンピュータが適用できるメールボックスポリシーは1つだけなので、デバイスはそれ以外のポリシーを使用するアカウントへの接続に失敗します。
注: Windows ユーザーは、管理者が Exchange の設定に加えた変更すべてを拒否することができます。

設定/フィールド

説明

アカウント名

アカウント名。

Exchange サーバー

Exchange サーバーのアドレス。
注: SMC EAS プロキシを使用している場合は、SMC プロキシサーバーの URL を入力してください。

ドメイン

このアカウントのドメイン。

ユーザー

このアカウントのユーザー。

%_USERNAME_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のユーザー名に変換されます。

メールアドレス

アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

パスワード

このアカウントのパスワード。

このフィールドを空白のままにすると、ユーザーは自分のデバイスでパスワードを入力する必要があります。

同期期間

過去のメールを同期する期間。

指定した期間内に受信したメールのみが管理対象デバイスに同期されます。

同期の頻度

メールを同期する操作の頻度。

SSL/TLS

Exchange サーバーとの接続が SSL または TLS (サーバーの対応状況に依存) で保護されます。

このチェックボックスは選択することを推奨します。

同期するコンテンツの種類

同期の対象にするコンテンツの種類。