制限設定 (ビジネス向け Android 仕事用プロファイルポリシー)

制限の設定では、Android の仕事用プロファイルの制限オプションやそれに関連するオプションを設定します。

セキュリティ

設定/フィールド

説明

画面の取り込みを許可

ユーザーは、仕事用アプリの画面を取り込むことができます。

認証情報の設定をユーザーに許可する

ユーザーは、仕事用プロファイルにある証明書のインストールまたは削除を実行できます。

仕事アプリから個人アプリへのデータのコピーを許可する

ユーザーは仕事用アプリから個人アプリにテキストをコピー&ペーストできます。

個人アプリからコピーしたクリップボードの内容は、常に仕事用アプリに貼り付けることができます。

スマートロックを許可する

ユーザーは、特定の状況でデバイスのロックを自動解除する、Android のスマートロック機能を有効化できます。

位置情報の共有を許可する

仕事用アプリは、デバイスの位置情報機能にアクセスすることができます。

チェックボックスの選択を解除すると、ユーザーが位置情報機能を有効化した場合でも、仕事用アプリはデバイスの位置情報機能にアクセスできません。

個人アプリで Web リンクを開くことを許可する

ユーザーは、仕事用アプリでタップした Web リンクを、個人用ブラウザアプリで開くことができます。

デバッグを許可する

ユーザーは、Android の開発者向けオプションのデバッグ機能を有効にできます。

指紋認証によるデバイスのロック解除を許可する

ユーザーは、指紋センサーを使用してデバイスのロックを解除できます。

個人モードでの着信時に仕事モードの連絡先情報の表示を許可する

個人用電話アプリで着信した際、発信者名が仕事モードの連絡先の登録名で表示されます。

Bluetooth デバイスで仕事モードの連絡先情報の表示を許可する

接続している Bluetooth デバイスで、個人モードでの着信時に、仕事モードの連絡先からの発信者の名前を表示できます。

個人用プロファイルで仕事モードの連絡先の検索を許可する

個人用電話アプリで発信者名を検索する際、検索結果に仕事モードの連絡先も含めます。

アカウント

設定/フィールド

説明

アカウントの管理を許可する

ユーザーは仕事用プロファイルにアカウントを追加/削除することができますが、Google アカウントを追加/削除することはできません。

ネットワークと通信

設定/フィールド

説明

VPN を許可する

ユーザーは、仕事用アプリで VPN 接続を使用できます。

Android Beam を許可する

ユーザーは、仕事用アプリから、Android Beam 経由 (NFC 経由のデータ転送) でデータを送信できます。

ハードウェア

設定/フィールド

説明

カメラを許可する

仕事用アプリは、カメラにアクセスできます。

アプリケーション

設定/フィールド

説明

アプリのアンインストールを許可する

ユーザーは仕事用アプリをアンインストールできます。

発行元不明のアプリのインストールを許可する

チェックボックスの選択を解除すると、ユーザーは Google Play ストアのみから仕事用アプリをインストールできます。不明な提供元からアプリをインストールしたり、Android Debug Bridge (ADB) を使用してアプリをインストールしたりすることはできません。

アプリの管理を許可する

チェックボックスの選択を解除すると、ユーザーは、仕事用アプリに対して次の操作を実行できなくなります。
  • アプリのアンインストール
  • アプリの無効化
  • アプリの停止
  • アプリのキャッシュのクリア
  • アプリのデータのクリア
  • 既定で開く」設定のクリア

Google のセキュリティスキャンの無効化を許可する

ユーザーは、Google のセキュリティオプション「端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威を確認」を無効にできます。

これは、「設定」アプリの「Google > セキュリティ > Google Play プロテクト」で設定できます。

メッセージ (短文)

機能が無効化された場合に表示する、カスタマイズ可能なユーザー向けのサポートメッセージ。
注: 入力文字数が 200文字を超えると、メッセージが省略される場合があります。

メッセージ (長文)

短文を補充する詳細なメッセージです。短文が表示されている画面でユーザーが「詳細情報」をタップすると表示されます。
注: このメッセージは、Sophos Mobile Control アプリに対する、Android の「デバイス管理」画面でも表示されます。