使用可能なセルフサービス ポータルのアクション

このセクションでは、各プラットフォームで利用できるセルフサービスポータルのアクションの一覧を示します。

アクション

説明

プラットフォーム

デバイスの位置情報取得

デバイスの盗難・紛失時に、ユーザーはデバイスの位置情報を取得できます。

Android

iOS

Windows Mobile

Windows

デバイスのロック

デバイスの盗難・紛失時に、ユーザーはデバイスをロックできます。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

デバイスの再設定

Sophos Mobile がデバイスから削除されていても、デバイスが登録されている場合は、ユーザーはデバイスの再設定を実行できます。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

コンプライアンス違反の表示

ユーザーは、各自のデバイスのコンプライアンス違反を表示できます。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

データの更新

ユーザーは自分のデバイスを Sophos Mobile サーバーと手動で同期できます。これは、デバイスの電源が長期間オフになっていたため、サーバーと同期されていない場合などに便利です。この場合、デバイスがコンプライアンスに準拠していない可能性があり、再度準拠させるにはサーバーとの同期が必要になります。
注: この機能は、Sophos コンテナのみが Sophos Mobile の管理下にあるデバイスでは使用できません。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

パスワードのリセット

ユーザーは画面ロックのパスワードをリセットできます。Android および iOS デバイスの場合、セルフサービス ポータルに一時パスワードが表示されます。このパスワードでのみデバイスのロックを解除できます。ユーザーは、デバイスのロックを解除したら、新しいパスワードを設定できます。iOS の場合、パスワードが完全に削除されます。ユーザーは 60分内に新しいパスワードを設定する必要があります。

Android

iOS

Windows Mobile

ワイプ

デバイスの盗難・紛失時に、ユーザーは登録済みのデバイスを出荷時の状態にリセット (ワイプ) できます。デバイス上のすべてのデータが削除されます。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

Android の仕事用プロファイルのワイプ

ユーザーは、自分のデバイスから仕事用プロファイルを削除できます。この操作によって、デバイスは Sophos Mobile からも登録解除されます。

Android

デバイスの登録解除

ユーザーは、使用しなくなったデバイスを使用停止にできます。これは、セルフサービスポータルで登録できるデバイスの数に制限がある場合や、ユーザーが新しいデバイスを取得した場合などに便利です。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

管理下にないデバイスの削除

ユーザーは、使用停止にしたデバイスを削除できます。

Android

iOS

macOS

Windows Mobile

Windows

アプリのロックのパスワードのリセット

Android デバイスのアプリのロック (App Protection) のパスワードをリセットできます。アプリのロックのパスワードは、保護対象に指定したアプリの誤用を防ぎ、アプリを起動するたびにユーザー入力が必要です。リセットするとパスワードが削除され、ユーザーは新しいパスワードを設定する必要があります。

Android

Sophos コンテナのパスワードのリセット

ユーザーは、Sophos コンテナのパスワードをリセットできます。ユーザーは、いずれかの Sophos コンテナアプリを起動するたびに、Sophos コンテナのパスワードを入力する必要があります。リセットするとパスワードが削除され、ユーザーは新しいパスワードを設定する必要があります。

Android

iOS

SMC アプリの再設定

ユーザーは、インストール済みの Sophos Mobile Control アプリを再設定できます。

iOS

Windows Mobile

管理型紛失モード

ユーザーは管理型紛失モードを有効/無効に設定できます。

iOS

紛失モードのサウンドの再生

ユーザーは管理型紛失モードで音を鳴らすことができます。

iOS