通信費管理の設定

通信費管理 (TEM) では、各デバイスにおけるモバイルデータの使用状況を監視できます。この機能は、Android デバイスおよび iOS デバイスで使用できます。

  1. サイドバーのメニューの「管理」で、「デバイス」をクリックします。
  2. すべてのデバイス」ページで、通信費管理を設定するデバイスを選択します。
    注: 同一のモバイルデータプランを使用するデバイスのみ選択してください。
  3. アクション > 通信費管理の設定」をクリックします。
  4. 次の設定を行います。
    オプション 説明

    監視を有効化

    選択すると、選択したデバイスのモバイルデータの使用量が有効になります。

    プランに含まれているデータ量

    モバイルデータプランのデータ量 (単位: MB)。

    警告のしきい値

    データ量のしきい値 (単位: MB)。デバイスでのデータ使用量がこの値を超えると、警告が発生します。詳細は、警告を参照してください。

    毎月の使用量のリセット日

    毎月、データ使用量の値がリセットされる日にちを 1日~31日から選択します。

    注: 特定の月の日数が、ここで指定した日にちより短い場合、その月の最後の日付にデータ使用量の値がリセットされます。
  5. 保存」をクリックして選択したデバイスに設定を適用します。

モバイルデータの使用量は、デバイスが Sophos Mobile サーバーと同期するたびにサーバーに報告されます。

現時点でのデバイスのデータ使用量を表示するには、「デバイスの表示」ページを開き、「アクション > 通信費管理」をクリックします。

重要: 報告されるデータ使用量は、通信事業者の請求と異なることがあります。デバイスにインストールしたアプリが使用するデータ量は報告されますが、システムのアップデートや、システムアプリのアップデートなどで使用されるデータ量は報告されません。
ヒント: 通信費管理が有効に設定されているすべてのデバイスのデータ使用量を表示するには、「モバイルデータ使用量」レポートを使用します。詳細は、レポートを参照してください。
注:
  • データ使用量の値は、次のタイミングでリセットされます。
    • 指定した日の終了時に毎月リセット。
    • デバイスの通信費管理を無効にしたとき。
    • デバイスが Sophos Mobile から登録解除されたとき。
  • iOS の場合、デバイスを再起動した後にユーザーがアプリを起動していないときなど、Sophos Mobile Control アプリが閉じていると、データ使用量は報告されません。