個人設定の指定

Sophos Mobile Adminをより効率よく使用するため、使用するプラットフォームのみが GUI に表示されるようにカスタマイズできます。
注: ここで、プラットフォームを指定した場合、現在ログインしているユーザーだけに対して表示される画面が変更されます。ここで機能を無効にすることはできません。
  1. サイドバーのメニューの「設定」の下で「セットアップ > 全般」の順にクリックし、「個人設定」タブをクリックします。
  2. 次の設定を行います。
    オプション 説明
    言語 Sophos Mobile Adminの表示言語を選択します。
    タイムゾーン 画面に表示する日時のタイムゾーンを選択します。
    単位 距離単位を選択します (「メートル」または「ヤード・ポンド」法)。
    1ページの表示件数 1ページに表示するデータの最大件数を選択します。
    デバイスの詳細をすべて表示 デバイスに関するすべての詳細情報を表示する場合は、このチェックボックスを選択します。「カスタムプロパティ」タブと「内部プロパティ」タブが「デバイスの表示」ページに追加されます。
    有効なプラットフォーム このカスタマーで管理するプラットフォームを選択します。
    • Android
    • Android Things
    • iOS
    • Windows Mobile (Windows Phone 8.1 および Windows 10 Mobile OS など)
    • Windows
    • Windows IoT

    選択したプラットフォームに基づいて、Sophos Mobile Adminの GUI が調整されます。選択したプラットフォームに関連する画面や機能のみが表示されます。

    注: 選択可能なプラットフォームの種類は、スーパー管理者の設定内容によって異なります。詳細は「Sophos Mobile スーパー管理者向けガイド (英語)」を参照してください。
  3. 保存」をクリックします。