Android Things デバイスの登録

このセクションでは、デバイスの登録ウィザードを使用して Android Things デバイスを登録する方法について説明します。

前提条件:
  • ローカル IP ネットワークに接続しており、Android Debug Bridge コマンドラインツール (adb) がインストール済みのコンピュータ (ホストコンピュータと呼びます) を設定済みである。adb は、Android SDK Platform-Tools パッケージに含まれています。このパッケージは、Android SDK の一環として、またはスタンドアロンパッケージとしてインストールできます。詳細は、Android の開発者向けドキュメントを参照してください。
  • 登録するデバイスに Android Things のイメージファイルを書き込んでいる。
  • イーサネットや Wi-Fi 経由で、デバイスをローカル IP ネットワークに接続済みである。

Android Things デバイスを Sophos Mobile に登録する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「管理」の下の「デバイス」をクリックして、「追加 > 登録ウィザード」の順にクリックします。
  2. デバイスの登録ウィザードを使用したデバイスの新規登録と割り当ての説明に従ってデバイスの登録ウィザードを使用して、登録手順を開始します。Android Things デバイスで、次の操作を実行します。
    1. ウィザードの「デバイスの詳細」の「プラットフォーム」フィールドで、「Android Things」を選択します。
    2. ウィザードの「登録」で「Sophos Mobile ダウンロードエリアを開く」をクリックして、最新版の SMC Android Client の APK ファイルをダウンロードします。
  3. APK ファイルをホストコンピュータに保存します。
    ヒント: 登録するすべての Android Things デバイスで、同じ APK ファイルを使用できます。
  4. ホストコンピュータで、adb コマンドラインツールを使用して Android Things デバイスに接続します。ここで <IP アドレス> は、デバイスの IP アドレスです。
    adb connect <IP アドレス>
    connected to <IP アドレス>:5555
  5. 次の adb コマンドを使用して、Sophos Mobile Control アプリを Android Things デバイスにインストールします。
    adb install <APK ファイルのパス>
  6. 次の adb コマンドなどを使用して、デバイスを再起動します。
    adb reboot
    注: Sophos Mobile Control アプリに必要なパーミッションを許可するには、再起動が必要です。
  7. 再起動後、デバイスに再接続します。
    adb connect <ip-address>
  8. デバイスの登録ウィザード、または登録手順を説明したメールにある adb コマンドを使用して、Sophos Mobile Control アプリを設定します。
    adb shell am start -d "<configuration-parameters>"
    注: 次のようなシステムメッセージが表示されることがあります。「Warning: Activity not started, its current task has been brought to the front.」これは無視して構いません。
Android Things デバイスの Sophos Mobile Control アプリは、Sophos Mobile サーバーに接続します。登録処理が完了すると、デバイスは Sophos Mobile に「管理状態にある」というステータスで表示されます。