アプリグループのインポート

UTF-8 形式の CSV ファイル (カンマ区切り) をインポートして、アプリグループを作成することができます (1ファイルにつき最大 10,000件)。

注: CSV ファイルの編集には、テキストエディタを使用してください。Microsoft Excel を使用すると、入力した値が正しく表示されない場合があります。ファイルを保存する際は、拡張子が .csv になっていることを確認してください。
ヒント: このファイルで指定する列名や列順は、「アプリのインポート」ページからダウンロードできるサンプルファイルにて確認できます。

CSV ファイルかアプリをインポートしてアプリグループに追加する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「設定」で、「アプリグループ」をクリックし、アプリグループを作成するプラットフォームをクリックします。
  2. アプリグループ」ページで「アプリグループの作成」をクリックします。
  3. アプリグループの編集」ページで、新しいアプリグループの「名前」を入力して「アプリのインポート」をクリックします。
  4. アプリのインポート」ページで、「ファイルのアップロード」をクリックして用意した CSV ファイルを参照します。
    ファイルから項目が読み込まれ、画面に表示されます。
  5. データの形式が正しくない場合や、データに不整合がある場合は、ファイル全体が取り込めなくなります。この場合、問題のある項目の右側に表示されるエラーメッセージを確認し、CSV ファイルの内容を修正したら、ファイルをアップロードしなおします。
  6. 完了」をクリックしてアプリグループにアプリを追加します。
  7. アプリグループの編集」ページで「保存」をクリックします。