タスクバンドルの作成

  1. サイドバーのメニューの「デバイス設定」で、「タスクバンドル」をクリックし、タスクバンドルを作成する OS を選択します。
  2. タスクバンドル」ページで、「タスクバンドルの作成」をクリックします。
    タスクバンドルの編集」ページが表示されます。
  3. 該当するフィールドに、新しいタスクバンドルの名前と、必要に応じて説明を入力します。
    バージョン番号は、タスクバンドルを保存するたびに自動で増えていきます。
  4. オプション: コンプライアンスルール違反時に、デバイスにタスクバンドルを配信する場合は、「違反時にアクションの選択が可能」を選択します。詳細は、コンプライアンスポリシーを参照してください。
    注: 既存のタスクバンドルを編集する場合で、そのタスクバンドルが既に違反時のアクションとして使用されているときは、このオプションは無効になります。
  5. オプション: iOS のタスクバンドルで、アプリのインストールに失敗しても、タスクバンドルのプロセスを続行する場合は、「アプリのインストールの失敗を無視」を選択します。
    このオプションは、タスクバンドルに「アプリのインストール」タスクが含まれていない場合、無効に設定されます。
  6. タスクの作成」をクリックします。
  7. タスクの種類を選択し、「次へ」をクリックします。
    表示される内容は、選択したタスクの種類によって異なります。各画面で、タスク名をわかりやすい名前に変更できます。ここで指定したタスク名は、セルフサービスポータルでのインストール時に表示されます。
  8. ウィザードの指示に従ってタスクを追加し、「適用」をクリックしてタスクを作成します。
  9. オプション: タスクバンドルにその他のタスクを追加します。
    注: Android のタスクバンドルの場合、Android とビジネス向け Android のタスクを同一のタスクバンドルに追加することはできません。たとえば、Android デバイスのプロファイルと仕事用 Android アプリを同じタスクバンドルを使用してインストールすることはできません。
    ヒント: 選択したタスクがインストールされる順序は、タスクのリストの右側にあるソート矢印を使って設定できます。
  10. 必要なタスクすべてをタスクバンドルに追加したら、「タスクバンドルの編集」ページで「保存」をクリックします。
作成したタスクバンドルは、これで配信する準備ができました。「タスクバンドル」ページに作成したタスクバンドルが表示されます。
注: セルフサービス ポータルで「初期パッケージ」として使用されている、既存のタスクバンドルを編集する際、登録タスクを削除することはできません。詳細は、「セルフサービス ポータルの設定」を参照してください。