iOS ソフトウェアの更新

管理者が iOS ソフトウェアをアップデートできるデバイスは次のとおりです。
  • iOS 10.3 以降の監視対象デバイス
  • 監視対象 Apple DEP デバイス
注: このセクションでは、1台のデバイスで iOS を更新する方法について説明します。デバイスグループで iOS ソフトウェアを更新する場合は、最新の iOS アップデートのインストール タスクを含むタスクバンドルを使用してください。詳細は、設定可能な iOS のタスクの種類を参照してください。

デバイスで iOS ソフトウェアを更新する方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「管理」で、「デバイス」をクリックします。
  2. すべてのデバイス」ページで、デバイスの右側に表示されている青い逆三角形のマークをクリックし、「表示」をクリックします。
  3. デバイスの表示」ページで、「アクション > 使用可能なアップデートの表示」をクリックします。
    デバイスで使用可能な iOS のアップデートの一覧が表示されます。「重要」と表示されるアップデートは、Apple によって重要なセキュリティ更新プログラムに指定されているアップデートです。
  4. 使用可能な最新のアップデートをインストールするには、「使用可能な最新のアップデートのインストール」をクリックします。

iOS ソフトウェアを更新するタスクが作成され、デバイスに配信されます。

タスクの状態は、「現在のタスク」ページに表示されます。

ヒント:
  • 1台の iOS デバイスのアップデートの状態を確認するには、デバイスの「デバイスの表示」ページを開きます。使用可能な最新の iOS バージョンがデバイスにインストールされていない場合は、「OS」の横に警告マークが表示されます。
  • iOS デバイスすべてのアップデートの状態を確認するには、すべてのデバイス レポートの「OsUpdateAvailable」カラムを参照します。