Android 出荷時設定へのリセット防止

注: ここでの説明は、ビジネス向け Android (デバイス所有者モード) で Sophos Mobile に登録しているデバイスを対象にしています。

Android デバイスには、デバイスが出荷時設定にリセットされるのを防止するセキュリティ機能が備わっています。デバイスに Google アカウントが設定されている場合、工場出荷時の状態にリセットした後、デバイスをロック解除する際に、アカウントの認証情報が必要になります。

ビジネス向け Android のデバイス所有者モードで Sophos Mobile に登録したデバイスは、デバイスに Google アカウントが設定されていないため、デフォルトでリセット防止機能が有効になりません。これらのデバイスにリセット防止機能を適用するには、1つまたは複数の Google アカウントを設定して、すべてのデバイスに割り当てます。リセット防止機能を有効にした状態でデバイスをリセットした場合、設定したいずれかのアカウントの情報を入力しないと、デバイスをロック解除することはできません。詳細は、Android 出荷時設定へのリセット防止の設定を参照してください。

リセット防止機能を設定すると、次のようにデバイスが保護されます。

  • ローカルリセット: デバイスを設定アプリでリセットした場合や、デバイスのハードウェアのボタンを使用してリセットした場合、リセット防止機能はデフォルトで有効になります。この挙動を変更するには、「出荷時設定へのリセット防止の設定」というデバイスの操作を実行します。詳細は、Android の出荷時設定へのリセット防止を有効/無効に切り替えを参照してください。

  • リモートリセット: Sophos Mobile Admin でリモートからデバイスをリセットした場合、リセット防止機能はデフォルトで無効になります。リモートからリセットを実行して、かつリセット防止機能を有効にするには、ワイプを確認するダイアログで「出荷時設定へのリセット防止を有効化」を選択します。詳細は、デバイスのワイプを参照してください。