Sophos Mobile Security のコンプライアンスルール

このセクションでは、プラットフォームごとに選択できるコンプライアンスルールの一覧を示します。

ルール

説明

プラットフォーム

管理状態にある

管理下にないデバイスに対して実行するアクションを指定します。

Android

iOS

ルートアクセスを許可する

root 権限を持つデバイスを許可するかを選択します。

Android

Jailbreak を許可する

Jailbreak されたデバイスを許可するかを選択します。

iOS

OS の最低バージョン

最低必要な OS のバージョンを選択します。

Android

iOS

OS の最大バージョン

利用可能な OS の最大バージョンを選択します。

Android

iOS

SMSec 同期の最大間隔

デバイスの同期プロセス間隔の最大値を指定します。

Android

iOS

SMSec スキャンの最大間隔

デバイスにある Sophos Mobile Security アプリによって実行されるマルウェア検索の最大間隔を指定します。

Android

SMSec のアクセス権限の拒否を許可する

Sophos Mobile Security がデバイスで正常に動作するには、アクセス権限が必要です。ユーザーは、アプリのインストール後、このようなアクセス権限を付与する必要があります。

必要なアクセス権限を拒否すると、コンプライアンス違反になるかを指定してください。

Android

悪質アプリを許可する

Sophos Mobile Security によって検出された悪質アプリを許可するかどうかを指定します。

Android

疑わしいアプリを許可する

Sophos Mobile Security によって検出された疑わしいアプリを許可するかどうかを指定します。

Android

不要と思われるアプリを許可する

Sophos Mobile Security によって検出された不要と思われるアプリ (PUA) を許可するかどうかを指定します。

Android