ビジネス向け Android へのデバイス登録の設定

前提条件:
  • カスタマーに対してビジネス向け Android を設定済みである必要があります。
ビジネス向け Android にデバイスを登録するには、次の手順で設定を行います。
  1. 使用する各ビジネス向け Android デバイスの種類に対して、ポリシーを作成します。
    • ビジネス向け Android のフル マネージド デバイスの場合、「ビジネス向け Android デバイスポリシー」タイプのポリシーを作成します。
    • ビジネス向け Android 仕事用プロファイルのあるデバイスの場合は、「ビジネス向け Android 仕事用プロファイルポリシー」タイプのポリシーを作成します。
  2. 使用する各ビジネス向け Android デバイスの種類に対して、タスクバンドルを作成します。

    タスクバンドルには、「登録」タスクと、あらかじめ作成したポリシーを適用するための「ポリシーの割り当て」タスクを、少なくとも 1つずつ含める必要があります。

  3. セルフサービスポータルのグループ設定で、初期パッケージとして作成したタスクバンドルを設定します。

    会社貸与、個人デバイスごとに個別にパッケージを設定することができます。たとえば、会社貸与デバイスに対してフルデバイス管理を使用する一方で、 個人デバイスに対しては仕事用プロファイルの管理を使用できます。

  4. Sophos Mobile Control アプリをビジネス向け Google Play で承認します。

    承認しない場合、アプリは自動的にアップデートされません。

管理者がデバイスの登録を設定すると、セルフサービスポータル のユーザーは、自分の Android デバイスを Sophos Mobile に登録できるようになります。

「ビジネス向け Google Play アカウント」シナリオに沿ってビジネス向け Android を設定した場合は、「デバイスの追加」ウィザードを使用してデバイスを登録することもできます。

「ビジネス向け Google Play アカウント」シナリの場合、ユーザーが一度に登録できるデバイスは 10台までとなります。この上限は、Google が定めるもので今後変わる可能性があります。