セルフサービス ポータルのユーザー管理の設定

注: Sophos Mobile on Premise の場合、セルフサービスポータルのユーザー管理は、カスタマー作成時にスーパー管理者が設定します。詳細は、「Sophos Mobile スーパー管理者向けガイド (英語)」を参照してください。
  1. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Sophos セットアップ」をクリックし、「ユーザー設定」タブをクリックします。
  2. デバイスへの割り当て」で、デバイスに割り当てられているユーザーを削除したときの処理を選択します。
    オプション説明
    デバイスへのユーザー割り当て解除 ユーザーの割り当てが削除されます。デバイスの状態は変更されません。
    デバイスの登録解除と削除 デバイスが Sophos Mobile から登録解除され、削除されます。
    デバイスの登録解除 Sophos Mobile からデバイスが登録解除されたとき。デバイスの状態が「登録解除」に変更されます。

    外部ユーザー管理を使用している場合、この設定は利用できません。

  3. ユーザー管理モード」で、Sophos Mobile でユーザーアカウントを管理する方法を選択します。
    オプション説明
    なし。SSP、ユーザー固有のポリシー、LDAP 管理者は利用できません。 ユーザー管理がオフになっています。ユーザーをデバイスに割り当てることも、Sophos Mobile Self Service Portalを使用することもできません。
    内部ディレクトリ ユーザーアカウントやユーザーグループを Sophos Mobile で作成します。
    外部 LDAP ディレクトリ Sophos Mobile ユーザーは、LDAP ディレクトリのユーザーアカウントとユーザーグループを使用します。
    Azure AD フェデレーション認証 ユーザーアカウントやユーザーグループを Azure Active Directory (Azure AD) で作成します。ユーザーが Sophos Mobile Self Service Portal にサインインするとき、Azure AD と認証を実行します。

    詳細は、フェデレーション認証の設定を参照してください。

  4. 外部ユーザー管理の場合は、「外部 LDAP の設定」クリックして LDAP ディレクトリとの接続を設定します。
    詳細は、外部ディレクトリの接続の設定を参照してください。
  5. 保存」をクリックします。

いったんユーザー管理モードを設定すると、別のユーザー管理モードに直接切り替えることはできません。代わりに、「なし。SSP、ユーザー固有のポリシー、LDAP 管理者は利用できません。」を選択して、すべてのオプションが表示されるようにします。

注: 次の場合は、ユーザー管理モードを変更できません。
  • デバイスにユーザーが割り当てられている。
  • ユーザーに Apple Volume Purchase Program (VPP) ライセンスが割り当てられている。