コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

Azure 証明書の更新

Microsoft Azure 用の Sophos Mobile のサーバー証明書の有効期間は 1年です。期限が切れる前に更新する必要があります。

期限が切れる前に証明書を更新しないと、Intune アプリ保護とフェデレーション認証は、Sophos Mobile で動作しなくなります。

警告

証明書の更新プロセス (以下のステップ 3) を開始すると、Microsoft Azure ポータルの Sophos Mobile アプリに新しい証明書をアップロードするまで (ステップ 11)、Intune アプリ保護は一時的に使用できなくなります。

Microsoft Azure 用の Sophos Mobile のサーバー証明書を更新するには、次の手順を実行します。

  1. Sophos Mobile Admin にサインインします。
  2. セットアップ > Sophos セットアップ > Microsoft Azure」を参照します。

    証明書情報」で、現在の証明書の有効期限は「有効期限」に表示されます。

    証明書情報 (有効期限を含む)

  3. 証明書の更新」をクリックします。

  4. 確認ダイアログで「OK」をクリックします。

    確認ダイアログの「OK」ボタン

    Sophos Mobile は新しい証明書を作成し、「サムプリント」、「開始日」、「有効期限」フィールドの情報を更新します。

    証明書情報の更新

  5. 証明書のダウンロード」をクリックして、証明書ファイルをコンピュータにダウンロードします。

    「証明書のダウンロード」ボタン

  6. Azure 管理者アカウントで Microsoft Azure ポータルにサインインします。

  7. アプリ登録」サービスを検索して開きます。

    Azure ポータルでのアプリ登録の検索

  8. Sophos Mobile アプリケーションをクリックします。

    Sophos Mobile アプリケーション

    複数のアプリケーションがある場合、一致する「アプリケーション (クライアント) ID」値のあるアプリケーションを選択します。

    Sophos Mobile と Azure ポータルにある「アプリケーション (クライアント) ID」値

  9. 左側のメニューで、「証明書とシークレット」をクリックします。

    「証明書とシークレット」メニュー項目

  10. 証明書のアップロード」をクリックします。

    「証明書のアップロード」ボタン

  11. Sophos Mobile からダウンロードしたファイルを選択し、「追加」をクリックします。

    「証明書のアップロード」ダイアログで証明書を選択して追加します

  12. Sophos Mobile と Microsoft Azure で、証明書サムプリントが同じであることを確認します。

    Sophos Mobile と Azure ポータルでの証明書サムプリント

  13. Microsoft Azure で、古い証明書の横にある「削除」をクリックして、Sophos Mobile アプリから削除します。

    古い証明書の横にある「削除」ボタン

これで、証明書の更新プロセスは完了しました。

トップへ