コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

Exchange アカウントの設定 (ビジネス向け Android デバイスポリシー)

Exchange アカウント」の設定では、Exchange Online または Exchange Server のメールアカウントを Gmail に追加できます。

警告

管理対象 Gmail アプリの設定は、「Exchange アカウント」の設定と競合するため、Sophos Mobile 9.6 以降では利用できません。以前のバージョンの管理対象設定を使用している場合、Gmail は「Exchange アカウント」の設定を無視します。これは、管理対象設定が空白の場合も同様です。

管理対象設定の詳細は、管理型設定を参照してください。

設定 説明
アカウント名 アカウント名。
Exchange サーバー Exchange Online の場合は、outlook.office365.com と入力します。

Exchange Server の場合は、サーバーの URL を入力します。

outlook.office365.com は、全世界の Microsoft 365 クラウドに適用されることに注意してください。Office 365 Germany など、別の Microsoft 365 クラウドを使用している場合は、Microsoft の文章、Office 365 URL および IP アドレス範囲を参照してください。

Exchange Server を Sophos Mobile EAS プロキシと使用する場合は、代わりにその URL を入力します。

ユーザー ユーザーのサインイン名。

Exchange Online の場合、通常、これはメールアドレスです。%_EMAILADDRESS_% と入力して、デバイスに割り当てられているユーザーのメールアドレスを使用します。

Exchange Server の場合は、%_USERNAME_% と入力して、デバイスに割り当てられているユーザーの名前を使用します。

メールアドレス アカウントのメールアドレス。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

送信者 このアカウントの送信者名。

%_EMAILADDRESS_% という変数を入力すると、サーバーによって実際のメールアドレスに変換されます。

デフォルトのメール署名 デフォルトのメール署名。
認証 Gmail が Exchange に接続するときに使用する認証の種類。
  • 先進認証: 先進認証 (OAuth 2.0) を使用します。
  • 基本認証: 基本認証 (ユーザー名とパスワード) を使用します。
  • 基本認証、先進認証: Exchange の対応状況に応じて、先進認証または基本認証を使用します。
同期期間 過去のメールを同期する期間。

指定した期間内に受信したメールのみが管理対象デバイスに同期されます。

SSL/TLS Exchange サーバーとの接続は、SSL または TLS (サーバーの対応状況に依存) で保護されます。

このチェックボックスは選択することを推奨します。

すべての証明書を許可する メールサーバーからの配信プロセスで、すべての証明書を許可します。
クライアント証明書 Exchange サーバーに接続するためのクライアント証明書。
管理対象外アカウントを許可する この設定で指定されているアカウント以外の Exchange アカウントの追加または削除をユーザーに許可します。

この設定をオンにすると、他のアプリと、ユーザーによって追加された Exchange アカウント間のデータ共有を防止することはできません。

トップへ