コンテンツにスキップ

Web コンテンツ フィルタの設定 (iOS デバイスポリシー)

Web コンテンツ フィルタ」設定では、Safari や他の WebKit ベースのブラウザで Web ページをブロックできます。

以下のいずれかの操作を行ってください。

  • プラグイン: Web ページをブロックするには、サードパーティ製のフィルタリングアプリを使用します。
  • ブロックする URL: ユーザーがアクセスできない Web ページを設定します。それ以外のページはすべて許可されます。
  • 許可する URL: ユーザーがアクセスできる Web ページを設定します。それ以外のページはすべてブロックされます。

プラグイン

設定 説明
フィルタ名 フィルタ設定のカスタム名。
フィルタ ID サードパーティ製アプリのバンドル ID。
サーバー フィルタリングサービスをホストするサーバーの名前、IP アドレス、または URL。
組織 組織名 (フィルタリングサービスで必要とされる場合)。
ユーザー名 フィルタリングサービスに接続するためのユーザー名。
パスワード フィルタリングサービスに接続するためのパスワード。
証明書 フィルタリングサービスの認証に使用する証明書。
ブラウザトラフィックのフィルタ WebKit ブラウザトラフィックのフィルタリングをオンにします。
ソケットトラフィックのフィルタ ソケットトラフィックのフィルタリングをオンにします。
サードパーティの設定 追加の設定 (フィルタリングサービスで必要とされる場合)。

ブロックする URL

設定 説明
成人向けコンテンツをブロック ルールで許可されているが、子供に不適切な Web ページは、Apple フィルタを使用してブロックします。
ブロックする URL ユーザーがアクセスを許可されていない URL。

URL は 1行に 1つずつ入力してください。

Safari が URL を照合する際、ここで入力するプロトコル、パス、サブドメインは無視されます。

たとえば、example.com/a と入力すると 、次の URL が一致します。

  • example.com
  • example.com/a
  • example.com/b
  • example.com/a/b/c
  • m.example.com

許可する URL

設定 説明
成人向けコンテンツをブロック ルールで許可されているが、子供に不適切な Web ページは、Apple フィルタを使用してブロックします。
URL ユーザーにアクセスを許可する URL を設定します。

Safari が URL を照合する際、ここで入力するプロトコル、パス、サブドメインは無視されます。

たとえば、example.com/a と入力すると 、次の URL が一致します。

  • example.com
  • example.com/a
  • example.com/b
  • example.com/a/b/c
  • m.example.com
ブックマークのフォルダ Safari でブックマークが追加されるフォルダ。

フォルダを入力しない場合、ブックマークはデフォルトのブックマークフォルダに追加されます。

ブックマークのタイトル Safari でのブックマーク名。
トップへ