コンテンツにスキップ

キオスクモードの設定 (Windows ポリシー)

キオスクモード」の設定では、Windows コンピュータをキオスクモードで実行できるように設定します

キオスクモードを設定するには、ユーザーアカウント (キオスクユーザー) とアプリ (キオスクアプリ) を選択します。キオスクユーザーが Windows にサインインすると、キオスクアプリのみが実行されます。

設定 説明
ユーザーアカウント キオスクモードに関連付けるユーザーアカウント。

ポリシーを割り当てる際に、コンピュータでこのアカウントを使用できる必要があります。

次のいずれかの形式を使用してください。

  • ローカルアカウント:

    <computer name>\<username> または .\<username>、もしくは <username> のみ

  • ドメインアカウント:

    <domain>\<username>

  • Azure AD アカウント:

    AzureAD\<email>、例: AzureAD\johnsmith@example.com

アプリの AUMID キオスクアプリのアプリケーション ユーザー モデル ID (AUMID)。

AUMID の取得方法については、マイクロソフト社のドキュメント「インストールされているアプリの Application User Model ID を確認する」(英語) を参照してください。

再起動後にキオスクモードをオフにする方法

デフォルトで、コンピュータを再起動した後、キオスクモードは解除されません。この設定を変更するには、キオスクユーザーのアカウントでコンピュータにサインインし、「設定 > アカウント > サインインオプション」を参照し、「更新後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」をオフにします。

トップへ